室屋義秀 オフィシャルウェブサイト

MIND

室屋義秀は決して自分に才能があるとは思っていません。「少水常流如穿石」(しょうすいのつねにながれて いしをうがつがごとし)という禅語があります。これは、「雨水のようなわずかな水でも絶え間なくぽたぽたと落ち続けていれば、石に穴を開ける」という意味を表しています。これと同じように室屋は、努力を続ける、日々わずかながらでも向上することができれば、必ず物事を成し遂げることができると考えています。似た考えに 「1.01の法則」というものがあります。1.01×365日、そう、日々1%の向上を心掛けることで、1年後は大きなチカラになる。室屋の武器は、このような日々の努力。そして、この武器で、世界の頂点を目指しているのです。また、室屋は「求道者」としてのスタンスを忘れません。辞書によれば「求道者」とは、「真理や悟りを求めて修行すること」と説明されています。曲技飛行では1度の姿勢のズレ、エアレースではコンマ01秒の差で勝敗を決します。室屋は、その差を埋めるべく、日々飛行技術の追求を行っている。この自己探求への挑戦は、ともすれば、その世界観を周囲と共有することができず、エゴイスティックな行為として捉えられがちです。しかし、自己の可能性を極限まで高め、不可能を可能にすることができれば、 新たな世界(真理や悟り)が見えてくる。そして、多くの人と、 挑戦する勇気を持つことへの価値を分ち合いたいと考えているのです。

Yoshihide Muroya is not never think that myself there is a talent.There is a Zen term of ”Shousuino tsuneninagarete ishiwougatuga gotoshi”. This, "and if continues fell incessantly To drip even at a fraction of the water, such as rain water, a hole in the stone" represents the meaning. MUROYA just as it is, to continue efforts to be able to improve even slightly everyday, have always thought to be able to accomplish things. There is a thing called "law of 1.01" to the idea that similar. 1.01 × 365 days, so, it is possible to strive to improve the daily 1% after 1 year is a big power.Weapon of MUROYA, such day-to-day effort. Then, in this weapon, you're aiming to top of the world.In addition, MUROYA does not forget the stance as a "seeker". According to the dictionary as "investigator" is, it has been described as "be training in search of truth and enlightenment. "Deviation of 1 degree of attitude in aerobatic flight, you persists the victory or defeat in the difference between the comma 01 seconds in the air race.MUROYA is, to fill the difference, is doing the pursuit of day-to-day flight technology. Challenge to this self-quest, Tomosureba, the world can not be shared with the surrounding, and is often seen as a egoistic act. However, raising the possibility of self to the limit,And if it is possible to the impossible possible, New world (truth and enlightenment) comes into view.And, a lot of people, And I hopes to share the value of to to have the courage to challenge.

pagetop

HISTORY

室屋義秀の飛行士としての歩みは決して順風なものではありませんでした。資金も実績もなく、スタートはたった一人から。機体購入は全額知人、親からの借入でまかない、スポンサー回りの生活から始まりました。やがて資金が枯渇し、練習する燃料費も出ないほどに追い込まれることに。実績もないため、国内でのエアショーのオファーもほぼゼロ。窮地に陥り、出した答えが、無償でエアショーを行うという作戦でした。なんとか燃料代を確保し、フォミュラーカーの会場で曲技を披露したのが2002年。そうして実績を作り出したことが功を奏し、徐々にエアショーのオファーが増えてきました。2003年には米国フロリダで行われた世界曲技飛行選手権に参戦。これには国内での批判が相次ぎました。通常、ローカル大会から経験を積み、大きな大会へ挑戦していくのが曲技選手のプロセス。無謀とも言える、この挑戦に批判が集中するのは当然のことです。それでも、挑戦したのはなぜなのか。それは曲技機に乗り続けるためスポンサーの確保が必要だったからです。しかし、結果は惨敗。 世界の壁の高さを痛感し、一時、室屋義秀は曲技飛行を辞めようとまで考えたのです。実力は世界レベルだとしても、表彰台はいつも雲の彼方。 そんな苦しみの中、無冠のパイロットとしての活動が長きにわたって続くのです。しかし、地道な努力は功を奏し、2008年、アジア人初のレッドブル・エアレース・パイロットに抜擢。2009年には6位入賞。2013年には、ついに世界曲技飛行選手権フリースタイルで6位入賞。さらに、2014年には、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップで初の表彰台を獲得(3位)。これにより名実とともに室屋義秀は世界のトップパイロットとして認められることとなったのです。

History of as aviator of Yoshihide Muroya was not in any way favorable wind ones. Funds without any track record, start from only one person. Airframe purchase full acquaintance, and catering by borrowing from the parent, began from Sponsors around the life. Before long, funds are depleted, to be forced to enough not come out even fuel costs to practice. Because there is no track record, almost zero also offer air show in the country. You fell into a corner, the answer you issue is, it was strategy of performing air show at no charge. Somehow to ensure the fuel cost, Follower Muller car of 2002 that showed off the aerobatic at the venue. Then exerts a is success that it has created a track record, Has been gradually Offers Air Show is increased. In 2003 to compete in the world aerobatic championships that have been made in the United States Florida. This was after another criticism of the country. Normally, gain experience from the local tournament, going to challenge to the big tournament of aerobatic player process. Reckless and it can be said, it is a matter of course to the criticism in this challenge is concentrated. Still, I Why is it the challenge was to. It is because it was necessary to secure a sponsor to continue riding in aerobatic machine. However, the result is crushing defeat.Are keenly aware of the wall of the height of the world, Temporary Yoshihide Muroya I was thinking until trying to quit the aerobatic flight. Ability even as the world level, podium always beyond the clouds.Some of such suffering, I followed for a long time activities as a pilot of uncrowned. However, steady efforts paid off, 2008, and appointed to Asia person's first Red Bull Air Race pilot. The 2009 6-position prize. In 2013, finally 6-position prize in the world aerobatic championship freestyle. In addition, the 2014, and won the first podium in the Red Bull Air Race World Championship (third place). This along with the name and reality Yoshihide Muroya it became the thing to be recognized as a top pilot of the world.

pagetop

SPIRIT

室屋義秀は、2002年、日本初の「競技志向型エアショーチーム」として、世界最高峰のエアロバティックス(曲技飛行)専用機スホーイ26でデビューを飾りました。以来、Team Yoshi Muroyaとして、日本全国・世界各地を飛び廻り、各地でフライトパフォーマンスを実施。そして、世界曲技飛行選手権やレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ等の競技にもチャレンジしています。これまで220回を超えるエアショーを披露し、2013年の世界曲技飛行選手権では、世界6位、2014年のレッドブル エアレースでは初の表彰台(3位)にも上がりました。また、スカイスポーツの普及・啓蒙活動を行っています。

Yoshihide Muroya is, in 2002, as Japan's first "competition-oriented air show team", the highest peak in the world of aerobatics (aerobatic) was their debut on a dedicated machine Sukhoi 26. Since then, as Team Yoshi Muroya, Tobimawari the Japan national and worldwide, the flight performance in various locations and implementation. And, also I am on the challenge of competition such as the world aerobatic championship and Red Bull Air Race World Championship. Ever showing off air show more than 220 times in the world aerobatic championship of 2013, the world 6th, in the Red Bull Air Race of 2014 and went up to the first podium (3rd). In addition, we are spread and enlightenment activities of Sky Sports.

pagetop

CHALLENGE

競技活動においても世界のトップパイロット達が集う曲技飛行世界最高峰の大会であるWAC世界曲技飛行選手権(2003年、2007年、2011年、 2013年)の他、FAIワールドグランプリ・オートボルテージュ(2007年、2008年)やFAI Elite Aerobatic Formula(2011年)などにアジアから唯一参戦。2009年には世界最速のモータースポーツ・レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップにも初のアジア人パイロットとして参戦。ルーキーとしては異例の6位に入賞するなど、競技者としても大きな成長を遂げます。しかし、室屋義秀の挑戦は留まることを知りません。2013年の世界曲技飛行選手権4ミニッツフリースタイル部門では6位入賞(アジア人初)。2014年には3年ぶりに復活したレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップのマスタークラス12名のパイロットの1人にも選抜され、初の表彰台も経験しました。2015年の目標はズバリ世界一、そう表彰台の最も高いところを狙います。このように室屋義秀は世界の大空で、各国のトップ選手たちと“操縦技術世界一”の座を追い続けています。

Regarding his competitive history, Muroya was the only participant from Asia in not only the World Aerobatic Championship (WAC; 2003, 2007, 2011, 2013), in which top pilots from around the world gather to compete, but also the FAI World Grand Prix Haute Voltige (2007, 2008) and the FAI Elite Aerobatic Formula (2011).In 2009, he was also the first Asian pilot to compete in the world’s fastest motorsport, the Red Bull Air Race World Championship. He ended up in the sixth place, an impressive result for a rookie, making a big step as a competitor. However, this is not the end of his challenge.In 2013, Muroya was the first from Asia to end up in the sixth place in the WAC four-minute freestyle. In 2014, he was selected as one of the 12 master-class pilots in the Red Bull Air Race World Championship, which is returning after a three-year hiatus. He continues to compete against top pilots for the honor of becoming the world’s best.

pagetop

PUBLIC SERVICE

室屋は、NPOふくしま飛行協会の理事として、エアロバティックスを始めとするスカイスポーツを通じた地域づくり活動も精力的に展開。ホームベースである ふくしまスカイパークを始め、全国各地の空港や農道空港などで毎年行われるイベントでエアショーを披露するなど、スカイスポーツを通じた地域振興・観光資源としてのスカイスポーツイベントが持つ魅力と可能性をこれからも広く発信していきます。2009年からふくしまスカイパークで毎年開催されている全日本曲技飛行競技会(2009年大会は試行)にも全面協力。大会の安全委員長を務める他、公認事務局も担当。海外の選手権参戦で得た知識とノウハウを国内にフィードバックするなど、日本での競技環境の整備、選手育成の支援も行っています。2012年、福島県の「あったかふくしま観光交流大使」に就任。 全国各地でのエアショーや、子どもたちの未来をサポートするプロジェクトへの参画などを通じて、福島の復興を支援しています。

MUROYA as director of NPO Fukushima flight Association, also energetically expand community development activities through Sky Sports, including aerobatics. He started a home-based and is Fukushima Sky Park, for example, to show off the air show in the event that takes place every year in such nationwide airports and farm roads Airport, charm and may have Sky sports events as regional development and tourism resources through Sky Sports me will continue to outgoing now also widely.All Japan aerobatic competitions that are held every year in Fukushima Sky Park from 2009 (2009 tournament trial) also full cooperation. Addition to serve the safety chairman of the tournament, certified secretariat also responsible. For example, to feed back the knowledge and know-how obtained in Championship overseas in the country, the development of competition environment in Japan, we are also supporting player development.2012, he was appointed to the "Warm Fukushima tourism exchange ambassadors" of Fukushima Prefecture. Air Show and the nationwide, such as through participation in the project to support the future of our children, I am supporting the reconstruction of Fukushima.

pagetop

FOR THE FUTURE

室屋義秀が目指すGOAL、それは「操縦技術世界一」です。エアロバティックスの世界選手権で世界一になることがそれを意味します。 それ故に、これまでも自身の夢と目標に向かって日々トレーニングを重ね、世界に挑み続けてきました。しかし室屋の目指すGOALは単にそれだけではありません。 エアロバティックスの「競技」としての一面と併せ、もう一つの魅力である「エンターテイメント・芸術」としての魅力の両面を見る人に伝えることで、エアロバティックスの持つ可能性と魅力を伝え、日本でもエアロバティックスのファンを拡大したい。室屋の目指すGOALの向こう側には子どもから大人まで・多くの人々が空を通じて人生を楽しむことができる豊かな世界が広がっています。それは室屋が目指すGOALでもあります。

スカイスポーツ・エアロバティックスの安全な普及と発展を目指して~日本の空をもっと身近に~壮大な未来に向かって、これからも室屋義秀は、エアロバティックスが持つ夢と可能性に挑み続けます。

※参考:FAIワールドグランプリ及び曲技飛行世界選手権への参戦には、公益社団法人日本航空機操縦士協会(JAPA)からの推薦及び、財団法人日本航空協会(日本国内唯一のスカイスポーツ統括団/FAI国際航空連盟に加盟)内での承認が必要となります。

he goal that Yoshihide Muroya has set for himself is to become best of the best in aircraft maneuver technique, i.e., to become a world champion in aerobatics. He has been continuously training and challenging himself in order to achieve this dream. However, this is not his only goal. He wants to attract more people in Japan to aerobatics by showing his audience not only the competitive but also the entertaining and artistic aspect of the sport. The lives of many people, from children to adults, are enriched through aerobatics--this is his ultimate goal.

Toward increased safety and public acknowledgement of air sports as well as toward “making the sky closer to people in Japan,” Yoshihide Muroya continues to pursue the possibility that aerobatics hold.

Note: In order to participate in the FAI World Grand Prix and the World Aerobatic Championship, one must obtain recommendation from the Japan Aircraft Pilot Association (JAPA) and approval within the Japan Aeronautic Association, Japan’s only organization that supervises air sports and an FAI member.

pagetop