Sky is the Limit.

Yoshihide Muroya Official website  室屋義秀 オフィシャルウェブサイト

Yoshi Muroya Fan Meeting 2014

室屋義秀は、1998年、日本初の「競技志向型エアショーチーム」として、世界最高峰のエアロバティックス(曲技飛行)専用機スホーイ26で鮮烈なデビューを飾って以来、Team Yoshi Muroya及びAir Banditsの2つのエアショーチームで日本全国・世界各地を飛び廻り、各地でデモンストレーションを実施。これまで220回を超えるエアショーを披露し、スカイスポーツの普及・啓蒙活動を行っています。

Since his astonishing debut as the Japan’s first “competition-oriented” air show team in 1998 with a world-class aerobatic aircraft Sukhoi 26, Yoshihide Muroya has been performing all around Japan and the world on two air show teams, Team Yoshi Muroya and Air Bandits. He has performed more than 220 times and is dedicated to growth and increased recognition of air sports.

Page TOP▲

競技活動においても世界のトップパイロット達が集う曲技飛行世界最高峰の大会であるWAC世界曲技飛行選手権(2003年、2007年、2011年、2013年)の他、FAIワールドグランプリ・オートボルテージュ(2007年、2008年)やFAI Elite Aerobatic Formula(2011年)などにアジアから唯一参戦。

2009年には世界最速のモータースポーツ・レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップにも初のアジア人パイロットとして参戦。ルーキーとしては異例の6位に入賞するなど、競技者としても大きな成長を遂げます。しかし、室屋義秀の挑戦は留まることはありません。

2013年の世界曲技飛行選手権4ミニッツフリースタイル部門では6位入賞(アジア人初)。2014年には3年ぶりに復活したレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップのマスタークラス12名のパイロットの1人にも選抜されました。世界の大空で、各国のトップ選手たちと“操縦技術世界一”の座を競い続けています。

Regarding his competitive history, Muroya was the only participant from Asia in not only the World Aerobatic Championship (WAC; 2003, 2007, 2011, 2013), in which top pilots from around the world gather to compete, but also the FAI World Grand Prix Haute Voltige (2007, 2008) and the FAI Elite Aerobatic Formula (2011).

In 2009, he was also the first Asian pilot to compete in the world’s fastest motorsport, the Red Bull Air Race World Championship. He ended up in the sixth place, an impressive result for a rookie, making a big step as a competitor. However, this is not the end of his challenge.

In 2013, Muroya was the first from Asia to end up in the sixth place in the WAC four-minute freestyle. In 2014, he was selected as one of the 12 master-class pilots in the Red Bull Air Race World Championship, which is returning after a three-year hiatus. He continues to compete against top pilots for the honor of becoming the world’s best.


Page TOP▲


室屋は、NPOふくしま飛行協会の理事として、エアロバティックスを始めとするスカイスポーツを通じた地域づくり活動も精力的に展開。ホームベースであるふくしまスカイパークを始め、全国各地の空港や農道空港などで毎年行われるイベントでエアショーを披露するなど、スカイスポーツを通じた地域振興・観光資源としてのスカイスポーツイベントが持つ魅力と可能性をこれからも広く発信していきます。

2009年からふくしまスカイパークで毎年開催されている全日本曲技飛行競技会(2009年大会は試行)にも全面協力。大会の安全委員長を務める他、公認事務局も担当。Japan Aerobatic School(日本曲技飛行学校)ではスーパーバイザーも務め、海外の選手権参戦で得た知識とノウハウを国内にフィードバックするなど、日本での競技環境の整備、選手育成の支援も行っています。

2012年、福島県の「あったかふくしま観光交流大使」に就任。 全国各地でのエアショーや、子どもたちの未来をサポートするプロジェクトへの参画などを通じて、福島の復興を支援しています。

As a director of the NPO Fukushima Flight Association, Muroya actively leads community development through air sports such as aerobatics. He will continue to disseminate information regarding air sports events as tourist attraction through his performances at annual events at public and private airports all over Japan, including his home base Fukushima Sky Park.

Since 2009, he has been giving his all-out support to the Japan National Aerobatic Championship (the first of which was a trial run), which is held annually at Fukushima Sky Park. He serves as the safety committee chairperson as well as the official organizing secretariat. He is also the supervisor at Japan Aerobatic School and helps create an environment for competing and foster pilots by sharing his expertise that he gained through his participation in championships outside Japan.

In 2012, he was appointed as the Fukushima Tourism Promotion Ambassador. He supports Fukushima’s recovery efforts through his air show performances all over Japan and participation in projects for children.

Page TOP▲

室屋義秀が目指すGOAL、それは「操縦技術世界一」です。エアロバティックスの世界選手権で世界一になることがそれを意味します。

それ故に、これまでも自身の夢と目標に向かって日々トレーニングを重ね、世界に挑み続けてきました。しかし室屋の目指すGOALは単にそれだけではありません。

エアロバティックスの「競技」としての一面と併せ、もう一つの魅力である「エンターテイメント・芸術」としての魅力の両面を見る人に伝えることで、エアロバティックスの持つ可能性と魅力を伝え、日本でもエアロバティックスのファンを拡大したい。室屋の目指すGOALの向こう側には子どもから大人まで・多くの人々が空を通じて人生を楽しむことができる豊かな世界が広がっています。それは室屋が目指すGOALでもあります。




スカイスポーツ・エアロバティックスの安全な普及と発展を目指して~日本の空をもっと身近に~壮大な未来に向かって、これからも室屋義秀は、エアロバティックスが持つ夢と可能性に挑み続けます。




※参考:FAIワールドグランプリ及び曲技飛行世界選手権への参戦には、公益社団法人日本航空機操縦士協会(JAPA)からの推薦及び、財団法人日本航空協会(日本国内唯一のスカイスポーツ統括団/FAI国際航空連盟に加盟)内での承認が必要となります。

he goal that Yoshihide Muroya has set for himself is to become best of the best in aircraft maneuver technique, i.e., to become a world champion in aerobatics.

He has been continuously training and challenging himself in order to achieve this dream. However, this is not his only goal.

He wants to attract more people in Japan to aerobatics by showing his audience not only the competitive but also the entertaining and artistic aspect of the sport. The lives of many people, from children to adults, are enriched through aerobatics--this is his ultimate goal.




Toward increased safety and public acknowledgement of air sports as well as toward “making the sky closer to people in Japan,” Yoshihide Muroya continues to pursue the possibility that aerobatics hold.




Note: In order to participate in the FAI World Grand Prix and the World Aerobatic Championship, one must obtain recommendation from the Japan Aircraft Pilot Association (JAPA) and approval within the Japan Aeronautic Association, Japan’s only organization that supervises air sports and an FAI member.



Page TOP▲