室屋義秀 オフィシャルウェブサイト

MIND

室屋義秀は決して自分に才能があるとは思っていません。
「少水常流如穿石」(しょうすいのつねにながれて いしをうがつがごとし)という禅語があります。これは、「雨水のようなわずかな水でも絶え間なくぽたぽたと落ち続けていれば、石に穴を開ける」という意味を表しています。
これと同じように室屋は、努力を続ける、日々わずかながらでも向上することができれば、必ず物事を成し遂げることができると考えています。似た考えに 「1.01の法則」というものがあります。1.01×365日、そう、1日の1%である15分の向上を積み重ねることで、1年後は大きなチカラになる。室屋の武器は、このような日々の努力。この武器で、世界の頂点を目指しているのです。
また、室屋は「求道者」としてのスタンスを忘れません。辞書によれば「求道者」とは、「真理や悟りを求めて修行すること」と説明されています。曲技飛行では1度の姿勢のズレ、エアレースではコンマ01秒の差で勝敗を決します。室屋は、その差を埋めるべく、日々飛行技術の追求を行っています。この自己探求への挑戦は、ともすれば、その世界観を周囲と共有することができず、エゴイスティックな行為として捉えられがちです。しかし、自己の可能性を極限まで高め、不可能を可能にすることができれば、 新たな世界(真理や悟り)が見えてくる。そして、多くの人と、 挑戦する勇気を持つことへの価値を分ち合いたいと考えているのです。

Yoshihide Muroya doesn’t believe he has any special skills or talent. That he is just an ordinary guy. His belief comes from a Zen term, “少水常流如穿石(Shousui Tsuneni Nagarete Ishiwo Ugatsuga Gotoshi )" which means “Dripping water hollows out stone, not through force but through persistence.”

Just like this dripping water, Muroya continues to be persistent on what he does every day to accomplish his goals. Similarly to this idea, there is a thing called "law of 1.01". What this law means is that if you add an effort of 15 minutes (0.01%) everyday for 365 days, it will add up to be large force after 1 year.
In the end, Muroya believes that the little efforts of everyday can take him to a world champion.

In addition, Muroya does not forget his status as a "seeker". According to the dictionary, a "seeker" is described as "training through search of truth and enlightenment." A tiny difference such as one degree in an aerobatic flight or hundredth of second in an air race will split a decision for a win or loss. In order to make the difference, Muroya is pursuing a day-to-day flight technique.

The challenge to this self-quest can be often seen as an egoistic act, which is hardly shared with the rest of world. However, if you push your limitation far more and go beyond impossibility, you will encounter a new world (truth or enlightenment). Muroya believes in this value and is trying to share his spirit of challenge with as many as people possible.

pagetop

HISTORY

室屋義秀の飛行士としての歩みは決して順風なものではありませんでした。資金も実績もなく、スタートはたった一人から。機体購入は全額借入でまかない、スポンサー回りの生活から始まりました。やがて資金が枯渇し、練習する燃料費も出ないほどに追い込まれることに。実績もないため、国内でのエアショーのオファーもほぼゼロ。窮地に陥り、出した答えが、無償でエアショーを行うという作戦でした。なんとか燃料代を確保し、フォミュラーカーの会場で曲技を披露したのが2002年。そうして実績を作り出したことが功を奏し、徐々にエアショーのオファーが増えてきました。
2003年には米国フロリダで行われた世界曲技飛行選手権に参戦。これには国内での批判が相次ぎました。通常、ローカル大会から経験を積み、大きな大会へ挑戦していくのが曲技選手のプロセス。無謀とも言える、この挑戦に批判が集中するのは当然のことです。それでも、挑戦したのはなぜなのか。それは曲技機に乗り続けるためスポンサーの確保が必要だったからです。しかし、結果は惨敗。 世界の壁の高さを痛感し、一時、室屋義秀は曲技飛行を辞めようとまで考えたのです。実力は世界レベルだとしても、表彰台はいつも雲の彼方。 そんな苦しみの中、無冠のパイロットとしての活動が長きにわたって続くのです。しかし、地道な努力は功を奏し、2008年、アジア人初のレッドブル・エアレース・パイロットに抜擢され、翌年2009年には6位入賞。2013年には、ついに世界曲技飛行選手権フリースタイルで6位入賞。さらに、2014年には、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップで初の表彰台を獲得(3位)。これにより名実とともに室屋義秀は世界のトップパイロットとして認められることとなったのです。

The history of Yoshihide Muroya as an aviator is not a favorable one. With no experience and no funds, Yoshi started everything on his own. He purchased his first aircraft with loans while looking for sponsorship. Eventually his funds were depleted and unable to pay fuel for his flights. Since he had no experience at any airshows, nobody offered him a chance to perform. In an act of desperation, he offered to fly for an airshow at no charge and managed his own fuel cost. His first ever airshow was at the formula circuit in 2002. This experience gradually brought him more opportunities to perform in airshows.

In 2003, Yoshi competed in the World Aerobatic Championship in Florida (U.S), but his entry created controversy in Japan. Usually, one has to gain enough experience from the local competition circuit to challenge a world-class competition. Yoshi knew his reckless challenge and took criticism in order to get sponsorship for his continuous aerobatics. However, the results were unfavorable. Even though his skill was at the world-class level, the winner's podium was too far up. Seeing the reality of no positive results for the next several years, Muroya began contemplating his departure from aerobatic life.
However, his continuous effort paid off in 2008, when he was licensed as the first ever Asian Red Bull Air Race pilot. In the following year, he placed himself at 6th position for his first season of Red Bull Air Race. By 2013, he got 6th place in the World Aerobatic Championship with the freestyle category. In 2014, he won his first podium, 3rd place in the Red Bull Air Race World Championship. With these experiences, Muroya is now recognized as a world class top pilot.

pagetop

SPIRIT

室屋義秀が目指すGOAL、それは「操縦技術世界一」です。
曲技飛行世界最高峰の大会であるWAC世界曲技飛行選手権、FAIワールドグランプリ・オートボルテージュなどの国際大会に数多く参戦しノウハウを蓄積してきました。
2009年にはレッドブル・エアレースにも初のアジア人パイロットとして参戦、同年6位入賞。2013年の世界選手権フリースタイル部門では6位入賞。2014年にはレッドブル・エアレースで、自身初の3位表彰台も経験しました。
2015年の目標はズバリ世界一、そう表彰台の最も高いところを狙います。このように室屋義秀は世界の大空で、各国のトップ選手たちと“操縦技術世界一”の座を追い続けています。

Yoshihide Muroya's goal is to be one of the "world's best aerobatic pilots." So far, he has accumulated real time experience from world famous aerobatic competitions such as “WAC” World Aerobatic Championships and the FAI World Grand Prix “Haute Voltige”.
In 2009, he placed himself at 6th as the first Asian Red Bull Air Racer. Also, Muroya was 6th place at WAC freestyle category in 2013. Finally, he got 3rd place for his first ever podium position in the Red Bull Air Race season of 2014. Muroya continues challenging himself to be the best aerobatics pilot in the world. His goal for 2015 is to be a world champion, aiming for the highest place.

pagetop

CHALLENGE

室屋の描くもう一つの大きな夢。それはチャレンジ精神を育む環境づくりです。 環境による不利を、航空スポーツでは痛いほど経験してきました。
特に子供たちの未来に向けた長期ビジョンを描いて活動を展開しています。

2003年からNPOふくしま飛行協会の理事として、スカイスポーツを通じた地域づくり活動を精力的に展開し、ふくしまスカイパークを中心に、地域振興や観光資源としてのスカイスポーツが持つ魅力を広めてきました。
2009年から開催されている全日本曲技飛行競技会にも全面協力。これまでに得た知識とノウハウを国内にフィードバックして、国内競技環境の整備や選手育成の支援も行っています。 2012年、福島県の「あったかふくしま観光交流大使」に就任。震災後の福島の風評被害を払拭し、子どもたちの未来をサポートするプロジェクトに参画しています。

Another great dream for Muroya is to create an environment where the spirit of challenge grows. Seeing such disadvantage of having poor environments, particularly in aviation sports, Muroya is now developing sky sports activities for children with a long-term vision.

As a director of The NPO Fukushima Flight Association since 2003, Muroya vigorously expands the regional development activities through sky sports around the Fukushima Sky Park and appeals it as a regional reconstruction and tourism resources.

Also, fully cooperating with the Japan Aerobatic Championships since 2009, Muroya feeds back his knowledge and know-how to create domestic competition environments and to support new competitor pilots. In 2012, Muroya was appointed as a "Warm Fukushima tourism exchange ambassador" in Fukushima Prefecture. His mission is to dispel the damaged Fukushima reputation after the Great Earthquake and to support the future of children in Fukushima.

pagetop